img_02

ハードコンタクトレンズのメリットを見てみよう

ハードコンタクトレンズには数々のメリットがあります。
まずは硬い素材という点です。


ハードコンタクトレンズは硬さがある為、強度の近視でも矯正する事があります。



メガネの場合ですとレンズに厚みが出てしまいますが、ハードコンタクトレンズならそういった心配がありませんので、見た目の印象も大きく変わってきます。

また、ハードコンタクトレンズの硬さは角膜の症状を矯正する事が可能ですので、角膜の病気などを補正する際にも役立ってくれます。

涙交換率が良いというメリットも持っています。ハードコンタクトレンズは瞬きをする度にレンズが動きますので、涙が効率的に入れ替わります。


また、黒目よりも小さいサイズですので酸素を通し易く、眼が酸素不足を起こし難くなります。眼が酸素不足になってしまうと充血してしまう原因になりますし、色々な眼病の原因になってしまいますので、そういったリスクを軽減する事ができるというメリットがあります。
ハードコンタクトレンズは眼に入った異物に気付き易いというメリットもあります。

コンタクトレンズにはソフトタイプがありますが、ソフトの場合は装用感が良すぎる為、眼に入った異物に気付かない場合があります。



その為、知らず知らずの内に角膜を傷付けてしまうという事があります。ハードコンタクトレンズの場合は非常に異物に対して敏感になりますので、すぐに異物に気付き、そして対処する事ができます。

その為、状態が悪化してしまう事を防ぐ事ができます。
同様に眼病にもすぐに気付く事ができます。

レンズが硬いという事で色々なメリットが生まれるのです。

レンズが汚れ難いというメリットもあります。
使用されているレンズというのは殆ど水分を含んでいませんので、ソフトのようにレンズが大きく汚れてしまう心配がありません。

雑菌が原因による眼病になってしまうリスクを軽減できるのです。



また、水道水を使って洗う事ができますので、日々のお手入れが比較的簡単です。